ジャコウネコ科のハクビシンの駆除に困ったらプロの業者へ

被害が大きくなるその前に

女性

最近増えつつある鳩駆除業者への依頼ですが、人気の理由として迅速な対応、明朗な料金、適切な対策といったものがあげられます。鳩は深刻な被害になる可能性も充分ありますので、被害が大きくなる前に業者に依頼することが大切です。

もっと知ろう

二度と寄せ付けない工夫

男性

イタチ駆除は、自分でイタチを追い出したり捕まえたりするだけでは終わらないようです。イタチの糞の臭いや染みの補修も必要となる事が少なくありません。イタチ駆除で評判の業者をお探しなら、ネットで口コミランキングなどをご覧になってみて下さい。

もっと知ろう

シロアリの巣を丸ごと壊滅

作業員

シロアリはお風呂場やキッチンなど水回りの床下に多く巣をつくります。知らないうちに増殖し、家が倒壊する危険性すらあります。堺市でそんなシロアリ駆除をするならば、徹底した対策が必要です。専門業者に依頼すれば、駆除はもちろん予防策も提案してくれます。

もっと知ろう

驚きの獣の害

動物

ハクビシンという動物をご存知でしょうか。ハクビシンは、ジャコウネコ科の動物で、体長50センチ、尾の長さは40センチほど、タヌキのような灰色がかった体毛を生やしています。素早く動き、一瞬見たときには猫のような印象を与えますが、猫よりは体長も長いので、何の動物だろうと悩んでしまいます。普段は洞穴などに住んでいるのですが、このところ、都会の真ん中でもみかけるようになりました。ごみ置き場の残飯をえさとしているようです。屋根裏にも住みつくので、日中は民家や納屋の屋根裏に潜み、夜行性の習性どおり、夜にはえさを求めて人の住む町中までやって来るようです。ふんによる悪臭や、ペットへの攻撃、ごみ置き場を荒らす被害などで、害獣とみなされています。害獣の中でも要注意すべきだと言えるでしょう。

ハクビシンも生きている動物なのですが、人間界で迷惑行為をすると、どうしてもハクビシン駆除を行うことになります。ハクビシン駆除の方法としては、捕獲機で捕獲したり、追い出した後に、ふんの処理をした後、ハクビシン駆除に使う忌避剤をまいて、また戻ってそこに巣を作らないようにします。その後衛生上殺菌消毒をしたり、ハクビシンが媒介したかもしれない害虫を駆除するために、殺虫剤などもまきます。そのように、ハクビシン駆除には、戻ってこられないような状況を作る必要があります。これらはやはりハクビシン駆除の業者に依頼するのが良いのですが、費用も掛かりますので、何社かに見積もりを取って、追加料金が発生する場合の事例なども聞き、納得のいく価格の業者を選ぶのがベストです。